Phead

八つ当たりされる人の特徴

  • LINEで送る

八つ当たりされる人の特徴
何だか人に「八つ当たり」されやすい人っていませんか?
それは自分だ!と言う人もいるでしょうが、実際に、トラブルがあったり、不機嫌な人が
いる場合、どうも八つ当たりされやすい人と、されにくい人がいる気がする…。

では八つ当たりされやすい人の特徴というのがあるのでしょうか?

何も言い返さなかったりしませんか?


不満を貯めこみやすいのに、八つ当たりされてる場では、何も言い返せな人、いませんか?

八つ当たりされやすい人というのは、まさにこうした「反論」しない人なのです。
そもそも八つ当たりというのは、怒りのはけ口がないので、言いやすい人に怒りを
ぶちまけている状態。

ですから、怒りをぶちまける=八つ当たりをする当の本人は、意識的にでも無意識的にでも
「言い返してこない人」を選んでいるのです。
なぜか?
それは、怒りをぶつけるのに、言い返されでもしたら、もっと腹が立ってしまうから。
怒りを解消したくて八つ当たりをしているわけですから、下手に反論なんて聞きたくない
わけですよね。

八つ当たりを避けるには


あまりにも八つ当たりをされ過ぎて、いい加減そうした自分をやめたい!と思っているので
あれば、怒りには怒りをぶつけるのが良いかと思います。

というのも、八つ当たりをしている人というのは、自分が八つ当たりをしていること自体には
薄々気づいている人が多いからです。
ですので「そういう八つ当たりやめてくれる?!スゴク気分悪いんだけど!」とはっきり
言ってしまえば、おそらくその後からは八つ当たりをしなくなるはずです。

寧ろ、反論されて自分が八つ当たりしていたことを恥じ、しばらくしてから謝罪をしてくる
人が多いでしょう。

ここで謝罪をしてこなかったり、さらに怒るような人であれば、友人関係にある人であっても
フェードアウトしていく方が良い性格の人だと思えます。

要するに、八つ当たりをしてくる人には「あの人には八つ当たりできない」と思わせれば
事は解決しやすい、ということです。




今回の記事はお役にたてたでしょうか?

記事はリンクフリーで引用OKですので、良いと思ったら是非リンクして頂ければ幸いです。



あなたもブログで仕事をして脱会社依存しませんか?


私がパワハラを脱出するきっかけとなった、
ブログで収入を得ていく方法、日々のコミュニケーション方法などについて
解説をしている無料のメルマガを発行しています。
現在360名ぐらいの方が読んでくれています。


出来るだけ自由に仕事をしてみたい、という方は是非読んでみて下さい。

メルマガ登録はこちら

*メールアドレス
*お名前

  • LINEで送る

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ