Phead

職場で上手に褒める方法

  • LINEで送る

めっちゃ褒める

職場でもプライベートでも、他人を上手に褒められるというのは良い能力です。

他人を上手に褒められると、人間関係も円滑になりますしね。

では職場において他人を上手に褒めるにはどういった方法があるのでしょうか?


「おべっか」だと思われずに褒めるには


職場で人を褒める時は、その「褒め」が、一歩間違えると「おべっか」だと
思われてしまうことがあります。

ではそんな風に曲解されずに上手に褒めるにはどうすれば良いのでしょうか?

それは「事実を述べる」ということに尽きます。

他の人から見ても事実であることについて、事実をプラス方向に述べるという
褒め方をすると、それをおべっかだと思う人は少なくなります。

例えば、服装を褒めるにしても「うわ〜きれいですね〜!可愛いですね〜!」
だけでは「なんかお世辞言っているよ」と思われますが「そのスカーフはいい色
ですね。季節感がありますね。」という具合なら、大げさに思われず、褒めることができます。

また、事実を述べる時に、他の人が気づかなかった細かいポイントを指摘して
褒めるというのも、「本当に良いと思って褒めてくれている」と相手に伝わります。

こちらの例としては、髪形のスタイルを変えた人に、みんな「似合うね」という褒め方を
しているのであれば、あなたはちょっと細かい部分を見て褒めるということです。
「新しい髪形も、あなたの顔だちによく似合うね」という感じですね。


他人を褒める時に効果倍増する方法


職場でもプライベートにおいても、他人を褒める際に、その「褒め効果」が倍増する方法があります。

それは別の人を介して褒めるということです。

例えばAさんを褒めたい場合にBさんをそのことを伝えてもらうという方法です。

「Aさんの心遣いって本当に素晴らしいよね」ということをBさんとの会話で
出しておいて、BさんがAさんに自然に伝える形がベストですが、直接
「Aさんの心配りには頭が下がるって今度Aさんに逢ったら伝えておいて」と言ってもOKです。

このような自分に対するプラスの評価を、あの人がこんなこと言ってたよ〜という
形で耳にすると、聞いた本人は、直接褒められるより真実味が増して嬉しく思うのです。

また、このような褒め方をすると、他の人からあいつは口が巧いなんて言われることも
なくなり、人間関係でギクシャクなることもありません。



今回の記事はお役にたてたでしょうか?

記事はリンクフリーで引用OKですので、良いと思ったら是非リンクして頂ければ幸いです。



あなたもブログで仕事をして脱会社依存しませんか?


私がパワハラを脱出するきっかけとなった、
ブログで収入を得ていく方法、日々のコミュニケーション方法などについて
解説をしている無料のメルマガを発行しています。
現在360名ぐらいの方が読んでくれています。


出来るだけ自由に仕事をしてみたい、という方は是非読んでみて下さい。

メルマガ登録はこちら

*メールアドレス
*お名前

  • LINEで送る

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ