Phead

職場で浮く人の特徴とは?

  • LINEで送る

職場で浮く人
周りを不快にさせる明らかな言動があるわけでなくても、
何だか周りから浮いてしまう人というのは職場にいますよね。

悪い人でもなく、特に振り切った奇妙さがあるわけではないのに
何だか浮いてしまう人にはどのうように接していれば、スムーズな
人間関係を築いていくことができるのでしょうか?


職場で浮いちゃうこんな人


職場において「浮く人」というのは、その職場の特徴によって変わってきます。

どういうことかというと…

例えば、作業着のような服が適当な汚れやすい職場で、いつもブランド物の
スーツを着込んで、化粧ばっちりな人がいると、つい浮いちゃいますよね。

他にも、あまり真面目に働く人がいない職場(そんな職場の方が問題ですが)で
とっても真面目に働く人が居れば、そうした人は浮いて見られます。

つまり、善悪と言うより、その職場の「雰囲気」に馴染んでいれば浮きませんし
逆に馴染めずにいると浮いてしまうというわけです。

しかし、そうした極端な特徴がない職場でも、大抵は極度な人見知りとか
年代が一人だけ極端に離れているとなれば、その人は浮いてしまうでしょう。

特に年齢については、他の職員とあまりにも離れていると、周りの人も
どう接していいかわからないということがあって、なかなか「浮いている」感じが
ぬぐえないことが多いようです。


プライベートを職場に持ち込み過ぎる人


少々の考え方とか、プライベートでの趣味を職場に持ち込むのは
モチベーションの向上にも繋がるので良いですよね。

例えば自分のPCの近くに好きな花の造花を置くとか、ちょっとマニアックでも
好きなアニメの小さなフィギュアを置くなんてことはよくあることです。

でもこれが、ちょっと宗教色の強いものとか、デスク周りをアニメ一色に
してしまうとなると、一気に「浮く」ことになります。

特に宗教系のものは、日本では敬遠する人が多いので、職場では
あまり晒さない方が良いですよね。

具体的には経典とか、その宗派に関する象徴の教具などは職場には
持ち込まないのが良いでしょう。


極端な考え方の人


職場というのはそもそも仕事をする場所なので、あまりプライベートのことを
話し合ったり、個人的な考え方について議論することはありません。

それでも会議やちょっとした世間話で、極端な思考を持つ人は周りから
引かれることがでてきます。

もし自分が職場以外の場所で「ちょっと変わってる」と言われることが
多かったのであれば、職場では自分のkとについてあまり表に出さない
方が良いでしょう。



今回の記事はお役にたてたでしょうか?

記事はリンクフリーで引用OKですので、良いと思ったら是非リンクして頂ければ幸いです。



あなたもブログで仕事をして脱会社依存しませんか?


私がパワハラを脱出するきっかけとなった、
ブログで収入を得ていく方法、日々のコミュニケーション方法などについて
解説をしている無料のメルマガを発行しています。
現在360名ぐらいの方が読んでくれています。


出来るだけ自由に仕事をしてみたい、という方は是非読んでみて下さい。

メルマガ登録はこちら

*メールアドレス
*お名前

  • LINEで送る

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ