Phead

行動力をつけるにはまずは言葉から。

  • LINEで送る

ここで一歩が踏み出せたら…!そう思うことは日常的にありますよね。
もっと行動力があれば、自分の毎日はもっと違ったものになったんじゃないか…
そんなことも、人間よく考えてしまうものです。では、せめて、自分が後悔しない程度に
行動力をもつには、一体どのようなことをすれば良いのでしょうか?


まずは「言葉にしてみる」


日本語でよく言われることで「言葉には言霊が宿っている」という言い伝えがあります。これは迷信のように思えるかもしれませんが、あながち笑い話でもありません。

実際に自分が望むことや目指すことは、言葉にしていた方が叶いやすく、実現させやすくなるのです。

もっと行動力をつけたい!そう思っている人はまず自分がやってみたいことについて言葉にすると良いでしょう。

ただ「行動力をもちたい」と言うのではなくて「明日は○○さんに話しかけよう」とか「次に電車で高齢者の人が前に来たら、席を譲ろう」とか、具体的に言葉にした方が良いです。

他にも、すぐに身体を動かすような行動ができないような場合には、自分の気持ちを溜め込むことを少しずつ解除して、嫌なことは嫌と言ってみるとか、良いと思ったことはしっかりと褒めてみるとか、そうした1歩から始めるのも良いと思います。

実際に身体を動かすことを始める


行動力も地道な「練習」があってこそ、の部分はあります。例えば不審者に出遭っても大きな声を出せるかどうかという行動力は、普段の気の付け方と「声を発する」という精神的・肉体的な訓練によるものです。

ですので、「ちょっとした行動力」だけではなくていつもアグレッシブにいたいというくらいの行動力を身につけるには、それなりの努力も必要になります。
つまり、日頃の運動は、いざという時の行動力を後押しするとても重要な基礎になるのです。

何か物事を起こしたくても、達成したくても、体力がなければ元も子もないところはありますからね。行動力の基本部分には、確固とした基礎体力が必要なのです。

初歩の初歩は…


上記の「行動力をつける」ポイントに加えて、まず初歩の初歩で踏めば良いことがあります。

それは「挨拶をすること」です。勤め先で、地域で、最寄りのコンビニでまずは「おはようございます」とか「こんにちは」と言った挨拶を交わすことを始めてください。そうすると、徐々に自分の内側のアグレッシブさが前に押し出せれてくるはずですよ。



今回の記事はお役にたてたでしょうか?

記事はリンクフリーで引用OKですので、良いと思ったら是非リンクして頂ければ幸いです。



あなたもブログで仕事をして脱会社依存しませんか?


私がパワハラを脱出するきっかけとなった、
ブログで収入を得ていく方法、日々のコミュニケーション方法などについて
解説をしている無料のメルマガを発行しています。
現在360名ぐらいの方が読んでくれています。


出来るだけ自由に仕事をしてみたい、という方は是非読んでみて下さい。

メルマガ登録はこちら

*メールアドレス
*お名前

  • LINEで送る

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ