Phead

パワハラお局から食事の誘いを断るには?

  • LINEで送る

パワハラお局
男性も女性もそうですが、女性は特に、一つの職場に長くいると
その場所の「ヌシ」化してしまうことがよくあります。

そして、自分と気の合う人で周りを固めて、派閥を作りやすいのも
男女どちらかと言えば女性の方が多いのが特徴。

特に小さい職場では、お局女性の誘いを断ると、職場にいづらく
なることも多いことから、嫌でも誘いを断れないこともしばしば。

ではこうした避けたい誘いがあった場合、どのように断ると
職場に亀裂もいれずに断れるのでしょうか?


派閥に入りたくないのであれば…


先述しましたが、女性は男性より派閥を作りたがるものですが
そうした派閥に入りたくないのであれば、先ずは自分が孤独に強くなることが大切です。

ランチも休憩も、自分一人の方が気楽でいいや、と思えれば、
嫌な誘いを断って、その後派閥からはじかれても悲しくはありません。

派閥からはじかれても挨拶などをしっかりしたり、ちょっとした世間話を
避けずにしていれば、相手も「あの人はああした人だ」と理解して
業務上での支障がでるようなことはなくなるはずです。


プライベートを充実させる=「会社が全て」にしない


お局上司の誘いを断る時、プライベートでの用事を優先させるのは有効な手段です。

できれば昔から習っていた習い事を続けているなんてすれば、なかなか
「自分の誘いを断るなんて!」という発想にはならないはずです。

それでも誘いを断ったからと言って嫌がらせをしてくることがあれば、
それはパワハラとして、記録をとっていって、自分が我慢しきれない時に
労働基準監督署や社内のコンプライアンス委員会、ハラスメント窓口などに
相談に行くようにしましょう。


女性から男性へのセクハラも泣き寝入りはダメ!


女性上司が年上の場合で、部下が年下男性の場合、セクハラが生じることもあります。

男性から女性へのセクハラは社会の事例として周知されつつありますが
女性から男性へのセクハラは「男なら力づくで断れたはず」とされて
取り合ってもらえないことも多くあります。

しかし、そこにパワー関係があれば、セクハラ兼パワハラにもなります。

上司のパワーのせいで、男性でもセクハラを訴えられないこともあるのです。

そうした時も、決して泣き寝入りはせずに、しっかり起こったことを
メモしておいて、しかるべきところに訴えるようにしましょう!





今回の記事はお役にたてたでしょうか?

記事はリンクフリーで引用OKですので、良いと思ったら是非リンクして頂ければ幸いです。



あなたもブログで仕事をして脱会社依存しませんか?


私がパワハラを脱出するきっかけとなった、
ブログで収入を得ていく方法、日々のコミュニケーション方法などについて
解説をしている無料のメルマガを発行しています。
現在360名ぐらいの方が読んでくれています。


出来るだけ自由に仕事をしてみたい、という方は是非読んでみて下さい。

メルマガ登録はこちら

*メールアドレス
*お名前

  • LINEで送る

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ