Phead

パワハラをする人の特徴を解説してみます。

  • LINEで送る

パワハラをする人物の特徴は、独身の上司が多いです。独身ですから休日は暇つぶしをしなければいけません。

また課長クラスにもなると、結婚適齢期は既に過ぎているので、その独身と言うのが上司に取ってはストレスというケースがありますね。

大体パワハラをする上司はギャンブルをします。

土曜日・日曜日が休みの会社が多いですから、そうなると独身上司が一番手を出しやすいギャンブルは競馬です。競馬に興じている時はストレスは全くありませんが、日曜日全てのレースが終了後に土曜日・日曜日の採算が出ます。その時に大幅なマイナス収支の時に、ストレスが増大します。

その為、その日はお酒で眠るようになります。この時点で良い生活のスパイラルではありません。負のスパイラルです。

公私は割り切らないといけません。例え前の日に競馬で5万円負けてもいつもと同じ態度で部下に接しなければいけません。競馬で負けたのは部下には何の関係もありません。

それをパワハラと言う形で、社員をいびるのは言語道断です。競馬をやるのは自由です。勝っても負けても同じスタイル仕事につけるのであれば、何一つ問題はありません。

負けたからパワハラが酷くなる等お話になりません。自分のストレスを上司と言う立場を悪用し部下にストレス発散をする為にパワハラをするのです。

パワハラを受けた部下は堪ったものではありません状況が理解できないと思います。その点妻子持ちの上司はパワハラをする人は少ないです。

やはり家庭を持っていますから部下の気持ちも良く理解する上司が圧倒的に多いです。やはり、家族の存在は非常に大きいのがわかります。土曜日・日曜日は、家族団欒で過ごして心が癒される
この差は大きいです。




今回の記事はお役にたてたでしょうか?

記事はリンクフリーで引用OKですので、良いと思ったら是非リンクして頂ければ幸いです。



あなたもブログで仕事をして脱会社依存しませんか?


私がパワハラを脱出するきっかけとなった、
ブログで収入を得ていく方法、日々のコミュニケーション方法などについて
解説をしている無料のメルマガを発行しています。
現在360名ぐらいの方が読んでくれています。


出来るだけ自由に仕事をしてみたい、という方は是非読んでみて下さい。

メルマガ登録はこちら

*メールアドレス
*お名前

  • LINEで送る

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ