Phead

パワハラを受けてしまったらどうする?

  • LINEで送る

パワハラを受けたらどうする?
自分がミスをしたことによる一度だけの厳しい叱責の中に人格を否定されるような
言葉があっても、それがその時だけで終わるものであれば、それをすぐに「パワハラだ!!」と
する人は少ないかもしれません。

しかし、それが2回、3回と続き、挙句の果てに何も落ち度がないのに、人格を否定されるようになったり
自分だけ明らかに過剰な業務を振られるようになったら、それはパワハラに違いありません。

では「私、パワハラを受けている!」と気付いたら、一体どのようにすれば良いのでしょうか?

証拠を集められるだけ集める


パワハラを受けていると気づいたら、遡れる分も含め、パワハラの証拠を集めらるだけ
集めましょう。
酷い言葉や暴力があれば、その事案が発生した日時をできるだけ明確にメモしておくのは
とても重要です。
酷い言葉が日常的にあるのであれば、最近はスマホが高性能になっているので、
スマホで録音データを残しましょう。
スマホでなくても、目立たないボイスレコーダーを使うのは良い方法と言えます。
ただ、無視や仲間外しといった嫌がらせは証拠を残しづらいので、そのことがあった日時を
しっかりと記録しておくことが大切です。

こうした証拠は、パワハラによって不安障害になった時や心療内科に通院した時に
病気の原因を特定させる資料として役立つだけでなく、第三者機関にパワハラ事案を
相談する際にもとても重要な資料となります。

相談は多くの場所で行っている方が良い


心療内科や精神科でパワハラからくる不安障害を診察してもらうだけではなく
パワハラに関する相談は法テラスや地方の労基局、パワハラに関する対応を
行っているNPO団体や弁護士事務所など、できるだけ無料か安い値段で相談を
受けてくれる機関に多く相談をすることをおすすめします。

これは、「私はパワハラで悩んでいた」という事実を第三者とつながることで
たくさん証拠を残すことになります。

つまり、パワハラ問題について、社会的にマーキングをしていることと同じわけです。

色々と証拠固めをしたら、社内の相談窓口に一度相談するのも良いかもしれませんが
はっきり言って社内の相談窓口が適正に機能していない会社は多くあります。

ですので、パワハラとセクハラに関しては、実は第三者機関と提携して
会社に意見をしてもらうのが一番効果的と言えます。



今回の記事はお役にたてたでしょうか?

記事はリンクフリーで引用OKですので、良いと思ったら是非リンクして頂ければ幸いです。



あなたもブログで仕事をして脱会社依存しませんか?


私がパワハラを脱出するきっかけとなった、
ブログで収入を得ていく方法、日々のコミュニケーション方法などについて
解説をしている無料のメルマガを発行しています。
現在360名ぐらいの方が読んでくれています。


出来るだけ自由に仕事をしてみたい、という方は是非読んでみて下さい。

メルマガ登録はこちら

*メールアドレス
*お名前

  • LINEで送る

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ