Phead

パワハラを弁護士に相談する時に気をつける事

  • LINEで送る

職場での職権を傘にした圧力は、している側からすれば何とも思っていない行為かも
しれませんが、受けている側からすれば、日々胃が痛み、身が細る思いをするものです。

こうした「パワハラ」に関することについて、上司や企業を相手取り立ち上がろうと
した時、まず考えるのは「弁護士」などへの相談です。

しかし、弁護士への相談というと、少しの時間でも高い料金を取られることも
珍しくありません。

では、スムーズにパワハラ問題を解決していくためには、弁護士に相談する際に
何を気を付けていれば良いのでしょうか?


弁護士に相談する前にしておきたいこと


パワハラは、被害者の状況によっては、会社に足して損害賠償請求をすることも
できる、法外行為になることもあります。

ですから、しっかりと被害者が自分の状況について、客観的な証拠集めなどを
行えている場合は、そのまま弁護士の指導に沿って、手続きを進めることも可能です。

しかし、裁判などの法的な手続きに慣れている庶民は少ないですよね。

こういったことから、まず問題に対する適切な窓口を紹介する制度があり、
これを法テラスと言います。

法テラスとは、問い合わせの内容に応じて、どのような法制度が、その問題の解決に
役立つかや、相談内容に応じた関係機関の相談窓口を案内してくれる制度・サービスです。

ここに相談をすれば、状況によって、労働関係の組織を紹介されたり、すでに弁護士に
相談することを考えているのであれば、弁護士費用がどの程度必要かということも
大よその費用を教えてもらえます。

さらに、経済的に余裕のない状況で遭ってしまった法的トラブルの場合には、無料の法律相談や
必要によっては、弁護士・司法書士費用の立て替え(民事法律扶助)を行ってくれることもあります。

とにかく、パワハラに関して悩みがあり、しかしどうすればその問題が解決するか
まだ糸口が見えない、と言う時には、まず法テラスへ連絡をすることが勧められます。


弁護士に相談する際には


パワハラというのは、個人の「感じ方」によるところも大きい問題なので、もしかしたら
同じことをあなた以外のAさんもされていて、しかしAさんは特に気にしていない…なんてことも
全くないとは言えません。

これはどういうことかと言うと、確実に「これはパワハラですね」と言える状況の証拠がないと
弁護士も問題解決に動くにも動けないということです。

こうした事情から、パワハラやセクハラというのは、しっかりと証拠を集めておくのが大切。

休日にも関わらず、罵声を浴びせるような電話が日に何度もかかってくるとか、みんなの前で
プライベートまで引き合いに出されて大声で叱責されるとか、そうしたわかりやすい証拠は
ICレコーダーやスマホの録画機能でも良いので、色々なものを利用して残しておきましょう。

また、あなただけとか、数人だけが標的になっているなら、周囲の人の証言も集めて
パワハラの事実を「自分だけの思い込みではない」ことを証明しておくのも重要です。

弁護士に相談するときは、相談時間内にいかに簡潔に端的にスムーズに話をするかが
大事です。

自分でできる証拠集めなどは、「パワハラかも…?」と思い始めた時から少しずつ
しておくのが大切です。



今回の記事はお役にたてたでしょうか?

記事はリンクフリーで引用OKですので、良いと思ったら是非リンクして頂ければ幸いです。



あなたもブログで仕事をして脱会社依存しませんか?


私がパワハラを脱出するきっかけとなった、
ブログで収入を得ていく方法、日々のコミュニケーション方法などについて
解説をしている無料のメルマガを発行しています。
現在360名ぐらいの方が読んでくれています。


出来るだけ自由に仕事をしてみたい、という方は是非読んでみて下さい。

メルマガ登録はこちら

*メールアドレス
*お名前

  • LINEで送る

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ