Phead

嫌いな同僚を無視するのはパワハラになる?

  • LINEで送る

無視
職場には色々なタイプの人がいるので、性格の合う人もいれば
合わない人もいますよね。

では、同僚でもちょっと付き合いにくいな〜と言う人に対して
ちょっと大人げないですが、無視なんてしてしまうと、それは
パワハラになってしまうのでしょうか?


パワハラの定義からすると、それは「パワハラ」です


パワハラには現在のところ6つの定義があります。

1:身体的な攻撃
2:精神的な攻撃
3:人間関係からの切り離し
4:過大な要求
5:過小な要求
6:個の侵害

以上がその6つの定義になるのですが、これらは上司→部下に
向けられた場合だけではなくて、同僚同士のトラブルの際にも適用されることが増えています。

職場ではただ「職場のいじめ」とされそうですが、実はそうではなく
同僚に対して無視をし続け、精神的な苦痛を与え続ければ、それはれっきとした「パワハラ」。

同僚にその行為にてついて証拠を元に訴えられれば、無視をしていた
張本人のみならず、そうした関係を改善できなかった上司や部署の
責任者にも話が及んで、あなたは当然、その職場にいられなくなってしまうでしょう。


同僚との間に軋轢があるなら


どんな社会でも環境でも、人間関係にトラブルを抱えることはあります。

しかし、そうした場合に、無視とか陰口などという、誰も得をしないような
大人げない行動にでるのがNGなのは誰しもよくわかっていますよね。

それなのに、どうしても相手と合わなくて相手に対して行動に出てしまいそうな時や
どう頑張っても関係が悪化しかしないと思える時は、自分がその職場から
異動することを考えるのも大切です。

なんで気に入らない人のために自分が動かなければならないのかと
思うかもしれませんが、相手が特に何もしてこないのに、あなただけが
一方的に相手に対して悪意を持っているなら、それはあなたが動くべきなのです。

あなたとしても、1度しかない人生で、嫌な人のことを考える時間を持つ
くらいなら、さっさと異動して嫌な人のいない環境で過ごす時間の方が人生を豊かに過ごせますよ。




今回の記事はお役にたてたでしょうか?

記事はリンクフリーで引用OKですので、良いと思ったら是非リンクして頂ければ幸いです。



あなたもブログで仕事をして脱会社依存しませんか?


私がパワハラを脱出するきっかけとなった、
ブログで収入を得ていく方法、日々のコミュニケーション方法などについて
解説をしている無料のメルマガを発行しています。
現在360名ぐらいの方が読んでくれています。


出来るだけ自由に仕事をしてみたい、という方は是非読んでみて下さい。

メルマガ登録はこちら

*メールアドレス
*お名前

  • LINEで送る

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ