Phead

お金に対して悪いイメージを持ってしまう心理

  • LINEで送る

必要なものを手にすることができ、生活に潤いを与えてくれ、時に精神をも豊かにしてくれる。
これは何か?そう、現代社会にける「お金」です。しかしお金に対してはこのように
良いイメージを抱く人ばかりではないですよね?

お金のもう一方の面と言えば…過剰な物欲を刺激し、ただお金のみに執着をしてしまい
時に人の精神を壊してしまいます。
そして日本人の多くは、どちらかと言うと、お金に悪いイメージを抱く人が多いと
言います。
しかし、お金は本来そのようなイメージを抱くものなのでしょうか?

一万円でできること


よくお金に「キレイ」とか「汚い」とかという言い方をしますよね。
例えば、「そんな稼ぎ方をして得た汚いお金…」とか言うものです。
確かに、お金をどうやって得るかという、お金を稼ぐ「手段」については
人によって色々と思うことがあると思います。

実際、犯罪に手を染めてお金を得ることが良い事とは決して言えません。
しかし、断ぜられるべきはその「手段」であって「お金そのもの」ではなはずです。

1万円は1万円、きれいな稼ぎ方だろうが、何か問題がある稼ぎ方だろうが、
その価値が変わることはありません。

それが「お金」というもののはずです。

ただ、お金には「ドラマ」が組み込まれやすいものなので、ついそのお金が
どうやってここにきたのか、という裏側を見たくなるし、気になるのですね。

お金の価値は変わらないけれど…


ここまでで述べてきたように、そのお金が得られた背景に、どんなドラマが
あろうと、本来の価値は変わらないのが、お金というものです。

ですが、そこはやはり人間なので、お金にその額面以上の何かを見たく
なるのも心情ですよね。

例えば同じ百円でも、何も労せずに手に入れた百円と、自分の子どもが
少ないおこずかいを貯めて募金した百円では、「気持ち」として重みが
違います。

その百円で得られるものが。たとえ同じであっても。

ただ、お金そのものは犯罪を犯すわけでも、人をたぶらかすわけでも
ありません。お金は変わらず、いつもそこに在るだけです。

悪いイメージを持つのは、そのお金の周囲にいる人が、お金に狂わされて
いるからなのです。

ですから、お金にマイナスのイメージを持ちやすい人はまず、冷静に
お金そのものの存在について考えてみることをおすすめします。

というのは、お金って、やはり自分に対して嫌なイメージを持つ人の
もとへは来たがりませんからね。




今回の記事はお役にたてたでしょうか?

記事はリンクフリーで引用OKですので、良いと思ったら是非リンクして頂ければ幸いです。



あなたもブログで仕事をして脱会社依存しませんか?


私がパワハラを脱出するきっかけとなった、
ブログで収入を得ていく方法、日々のコミュニケーション方法などについて
解説をしている無料のメルマガを発行しています。
現在360名ぐらいの方が読んでくれています。


出来るだけ自由に仕事をしてみたい、という方は是非読んでみて下さい。

メルマガ登録はこちら

*メールアドレス
*お名前

  • LINEで送る

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ