Phead

仕事を好きになるにはどんな方法がある?

  • LINEで送る

本当に好きなことを仕事にできている人は、世の中にそうたくさんいるものではありません。

就職活動である程度の向き不向きなどは考慮しても、仕事の中身は「したいこと」ばかりでは
ありませんよね。

それでも出来たら、仕事に対する気持ちの割合は「嫌いより好きが多い」方が楽しいもの。

ではそのようにしていくにはどうすれば良いのでしょうか?


自分好みのものをチョコチョコ挟む


どんな職にしても、1から10まで全て会社の規定があるという職はさすがに少ないと思います。

社会人ですから、ある程度の自由はあるはずです。

気の重い仕事に対して、少しずつでも好きの割合を増やすには、自由に選択できる部分で
「自分の好み」を入れていくことが有効です。

これは出来たら仕事に直接関係するものの方が効果は高まります。

例えばよくボールペンを使うという人は、ボールペンにはこだわって、自分の好みを反映させるとかですね。

そうすると、好きなボールペンを使う時間を先ず好きになります。

それが積み重なると、好みのボールペンを使う時間を好きなはずだったのに、
いつの間にかボールペンを使えるその仕事の時間が好きになっていたりするのです。

このように、ちょっとしたごほうび的に、仕事の中に自分の「好き」を挟むのは結構効果がある方法なのです。

よく験を担ぐのが好きな人が「勝負の契約がある日には明るめの色の下着をつける」ということが
あったりします。

ご紹介している「好きなものを取り入れていく」というのも、根底にはこれと同じ気持ちがあるのですね。

しんどいと思える仕事の中に、自分の気持ちをアゲルものを挟んでおくことで、自分の気持ちが
暗くなりすぎずに済むわけです。


仕事の中で「好きな時間」を作る


ここまでは、仕事に関係するものの中に「好きなモノ」を挟んでいく方法をご紹介しましたが、
ここからは実際に仕事そのものを直接好きに変える方法についてご紹介します。

仕事の業務、そこには様々な内容のものがあると思います。

書類を作成したりする作業や、誰かとコミュニケーションを取って進める作業、また身体を
動かして行う業務まで、きっと1日のうちでも同じことをず〜っとというのは少ないのでは
ないでしょうか?

え?私はずっとデスクワークで他には業務はないよ?と言う人も、そのデスクワークの
内容を少し思い出してみてください。

すると、同じデスクワークであっても、やはり書類を作成している時間、メールで誰かと
やり取りしている時間、データを計算している時間と様々な作業をしているはずです。

自分の1日の業務を思い浮かべたら、中でも自分が得意とすることと、苦手とすることは
どれか、考えてみてください。

学生ならこここで、苦手を克服!となりますが、ここはそうは言いません。

とにかく好きな業務をもっと好きになるように、スキルを磨いてください。
この際、その分野のエキスパートになるつもりで、スキルを身につけていくのです。

そうすると、好きな業務に引っ張られて、苦手を克服したい、と勝手に思うようになるのです。

こうして好きに引っ張られて全てが底上げされ始め、気が付くと当初苦手だった業務も
そこそここなせるようになり、全体のスキルが上がって仕事が楽しくなってくるはずですよ。



今回の記事はお役にたてたでしょうか?

記事はリンクフリーで引用OKですので、良いと思ったら是非リンクして頂ければ幸いです。



あなたもブログで仕事をして脱会社依存しませんか?


私がパワハラを脱出するきっかけとなった、
ブログで収入を得ていく方法、日々のコミュニケーション方法などについて
解説をしている無料のメルマガを発行しています。
現在360名ぐらいの方が読んでくれています。


出来るだけ自由に仕事をしてみたい、という方は是非読んでみて下さい。

メルマガ登録はこちら

*メールアドレス
*お名前

  • LINEで送る

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ