Phead

復讐心を消すためにはどうしたら?

  • LINEで送る

復讐心
相手は忘れているかもしれなくても、自分にとって大変屈辱的な
ことがあった場合はなかなか怒りの気持ちは消えません。

しかし、いつまでも怒りの気持ちや復讐心に駆られていては
人生は面白くありません。

ではすぎに消すことはできない復讐心を消していくには
どうすれば良いのでしょうか?


モチベーションにしても良い


先日ノーベル賞を受賞した中村さんが、その研究のモチベーションを
怒りだったとお話していました。

この件については、賛否両論があると思いますが、怒りがモチベーションに
なって大きなことが成し遂げられるというのは、何もこのことばかりではなく
世間的によくあることです。

身近なところでは、いじめの被害者であった人が、自分はあいつらより
ずっとすごい人間になってやる!という思いで成功をしたというのは
芸能人の話などではよく聞きますよね。

もし、いじめをした加害者が、自分のした行動を覚えていれば
いじめた相手が自分よりも成功をして、しかも自分のことを今も
嫌っていたり、逆に情けをかけられるような発言をしていたら
当時の自分を悔いるでしょう。

加害者が少しでも良心をもつ人間であるなら、あなたが成功したことや
もしあなたがメディアにでる人間なら、あなたをメディアで見るたびに
自分の良心を痛めるはずなのです。

本当の復讐とは、あなたは幸せになって、相手が自分の行動を
悔いつづけるということです。

ですから、決して復讐心にかられて、あなたが不幸になってはいけないのです。


消えない復讐心を昇華させるには


先にもお伝えしましたが、復讐心はなかなか消えないものでありますが
できればそうした気持ちは、次の幸せを見つけるためのモチベーションに
してしまった方が前向きです。

しかし、どうしても復讐心が消えないという場合は、法に訴えても良いかも
しれません。

これは自分がされたことが法に触れるという場合に限りますが。

当時の自分が色々な事情で、相手を法的に訴えられなかったというので
あれば、時効を考えたりする必要はありますが、時間をかけて相手を
法の下に連れだすという方法もあるのです。

けれど、法律と言うのは全てにおいて「弱者」や「被害者」の味方では
ありません。

あくまで法というのは、法の下に平等であるだけです。

自分にとって、自分がされたことに対する処罰感情が懲役10年でも
法律でその罪についての刑罰が最高で懲役1年とかであるなら
それ以上に刑期がでることは原則ないのです。

復讐心と言うのは、持ち続けている時は、本人もとてもしんどく、
毎日が楽しくありません。

できれば自分が幸せになることのために変換できるのが、1番効率が
良い方法と言えるでしょう。



今回の記事はお役にたてたでしょうか?

記事はリンクフリーで引用OKですので、良いと思ったら是非リンクして頂ければ幸いです。



あなたもブログで仕事をして脱会社依存しませんか?


私がパワハラを脱出するきっかけとなった、
ブログで収入を得ていく方法、日々のコミュニケーション方法などについて
解説をしている無料のメルマガを発行しています。
現在360名ぐらいの方が読んでくれています。


出来るだけ自由に仕事をしてみたい、という方は是非読んでみて下さい。

メルマガ登録はこちら

*メールアドレス
*お名前

  • LINEで送る

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ