Phead

自己嫌悪を克服するためには?

  • LINEで送る

人間、生きていればある程度の自己嫌悪に陥る場面はあります。

しかし大事なのは、自己嫌悪は陥っても必ず這い上がることをするということです。

自己嫌悪に陥りっぱなしでは物事は前に進みませんからね。では陥ってしまった自己嫌悪を
克服していくためにはどうすれば良いのでしょうか?


自己嫌悪はどうして起こる?


どんな人にも人間として「尊厳」があるはずなのに、どうして「自分はもうだめだ…」なんて
気持ちが起こってくるのでしょうか?

それは「人間が周囲と自分を比較せずにはいられない」動物だからです。

周りと比較するから「あの人はこんなにできているのに」とか「あの人はあんなに
素晴らしいのに」などと自分を卑下して自己嫌悪に陥るきっかけを作ってしまうのです。

ですから、自己嫌悪感から抜け出したいときは、まず人と比較しなくて済むように
しばらくはお互いに良いところも悪いところも見せ合える間柄の人とのみ
過ごすようにしてみましょう。


自己嫌悪から抜け出すためのポイント


ここまでに、自己嫌悪感は周囲と比較することで起こるとご紹介しました。
そして自己嫌悪から抜け出すには、まずそうした「人と比較をする」環境から
自分を引き離すことをしてみてくださいと述べました。

ここからはこのほかに、自己嫌悪感から効率的に抜け出せるポイントを
いくつかご紹介します。

○「好き」をたくさん見つける

自己嫌悪に陥っている人は、自分の長所はもちろん、自分が好きなものに関しても
「そんなもの」と思う傾向があります。

でも長所はともかく、好きなもの(食べ物でも音楽でも)について、好きになっておいて
「そんなもの」はないですよね。

好きと言う気持ちは何よりのポジティブ感情なので、自己嫌悪に陥っている人は
自分が好きなものにたくさん触れることで、少しずつ自信を取り戻せますよ。

○自己嫌悪の奥にある感情に気付くようにする

自己嫌悪は他人と比較し続けたネガティブ感情から生まれる気持ちですが、その根底には
「もっとこうなりたいのに」という気持ちが必ずあるはずなのです。

ですから、自己嫌悪に陥って、どうせ、となるなら、とことんその感情と向き合って
奥底にある自分の本当の気持ちを考えるのはとても大切なことです。

○完璧主義からの脱却

自己嫌悪に陥る人は、完璧主義者である人が多くいます。

自分が理想と思うものから、今の自分を比較してそのギャップに自己嫌悪を助長
させていることがあるのです。

理想を捨て去る必要はありませんが、完璧にできなくてもまぁいっか、くらいで
気持ちを切り替えられる強さを身に付けましょう。

○周囲を許す

自己嫌悪感に苛まれると、自分が嫌がっている自分の端緒と似た特徴を持つ人を
必要以上に嫌ってしまう傾向があります。

ですから、逆にそうした人を許せれば、自分の短所も許すことができるように
なるのです。



今回の記事はお役にたてたでしょうか?

記事はリンクフリーで引用OKですので、良いと思ったら是非リンクして頂ければ幸いです。



あなたもブログで仕事をして脱会社依存しませんか?


私がパワハラを脱出するきっかけとなった、
ブログで収入を得ていく方法、日々のコミュニケーション方法などについて
解説をしている無料のメルマガを発行しています。
現在360名ぐらいの方が読んでくれています。


出来るだけ自由に仕事をしてみたい、という方は是非読んでみて下さい。

メルマガ登録はこちら

*メールアドレス
*お名前

  • LINEで送る

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ