Phead

誤解されやすい人の特徴と原因

  • LINEで送る

malos clientes
本当は気さく、本当は気配りがすごい、本当は優しい……。

このように、「本当は」プラスの面が大きいのに、何故かマイナス方向に
誤解されやすい人っていますよね。

そうした人はどうして誤解を招きやすいのでしょうか?


人は第一印象が大切?


人間の印象を決めるのに大きな役割を果たすのは第一印象と言われています。

誤解をされやすい人というのは、この第一印象で、圧倒的に不利な印象を
持たれやすいのだということです。

第一印象を良くするには以下の項目が重要になります。

・清潔な身だしなみ
・柔らかい物腰
・人当たりの良い笑顔
・明快な話し方

しかし、誤解を招きやすい人というのは、大体にしてこの「第一印象」を
重要視していない人が多いのです。つまり…

・服装に無頓着
・粗暴な言葉遣い
・愛想がない
・話し方が陰気

という感じですね。これでは余程のもの好きでなければ、相手に良い印象を
持つことは出来ません。

けれど、誤解を招きやすい人というのは、何故かこうした態度のままで
いてしまうのです。


自分の意見を言わなさすぎor言い過ぎ


上記でお伝えしたように、誤解をされやすい人の多くは、第一印象の自己プロデュースが
あまり得意でない事が誤解を生む引き金になっていたりします。

またそれに加えて、誤解をされやすい人の多くは自分の意見を言わなさすぎだったり、
逆に言い過ぎになったりして誤解をされていることも少なくありません。

○言わなさすぎる人

日本では沈黙は金とか秘するが花なんて言われることも多分にありますが、
余りにも自己主張をしないのは、職場などでは「何を考えているか分からない」とか
「人の意見に乗っかってばかり!」と思われます。

5回に2回ほどは自分の意見も言うように頑張ってみましょう。

○言い過ぎる人

少しずつ自己主張をすることが浸透してきた現代ですが、実は今の日本では「横並びの意識」が
若者になるほど強くなっていると言われています。

みんなと一緒が何より大事な雰囲気で成長した若者や、自分の立場を脅かされたくない中堅層は、
出る杭を打ちたがる傾向が強くあります。

こうしたことから、あまり自分の意見を言い過ぎる人も、本当は出しゃばりでも自己中心的でもないのに、
目立つということだけで周囲に誤解を与えてしまいやすくなるのです。

また、言葉少ななのに、発言するときには誰よりも的を射た表現をする人も
「毒吐き」などとして敬遠されたり、「キツイ」人だと言って誤解を与えたり
することがあります。

自分の表現方法を急に変えるのは難しいですが、もし自分が周りに誤解を
されやすいな、と感じたら、先ずは話し方から少しずつ変えていくと良いでしょう。



今回の記事はお役にたてたでしょうか?

記事はリンクフリーで引用OKですので、良いと思ったら是非リンクして頂ければ幸いです。



あなたもブログで仕事をして脱会社依存しませんか?


私がパワハラを脱出するきっかけとなった、
ブログで収入を得ていく方法、日々のコミュニケーション方法などについて
解説をしている無料のメルマガを発行しています。
現在360名ぐらいの方が読んでくれています。


出来るだけ自由に仕事をしてみたい、という方は是非読んでみて下さい。

メルマガ登録はこちら

*メールアドレス
*お名前

  • LINEで送る

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ